橋本バプテスト教会へようこそ

現在地: トップページ > 橋本バプテスト教会 > キリスト教について

橋本バプテスト教会

キリスト教について

初めての方への教会案内

教会に行ってみたい、でも行くのが初めてで不安というあなたに、質問形式で橋本バプテスト教会の案内を作ってみました。ご参考になれば幸いです。


【質問】

【答え】

  • Q1.誰でも教会に行ってもよいのでしょうか?
    A1.もちろんです。橋本パプテスト教会はどなたも大歓迎いたします。
    お気軽にお出かけ下さい。
  • Q2.教会はいつ行ってもよいのでしょうか?
    A2.教会の全体の様子がわかるのには、日曜日の礼拝が−番よいかと思います。礼拝時間は粉河が10:00AMから、橋本が10:45AMからになっています。礼拝のプログラムは賛美、祈り、世界のペストセラ−「聖書」からのメッセージなどで構成されています。
  • Q3.教会に行くときの服装や特別な持ち物ってあるのでしょうか?
    A3.普段の服装のままで、手ぶらでお出かけ下さい。聖書、聖歌などは教会備え付けのものもありますが、その日に使う聖書箇所や讃美歌はスクリーンに映し出されます。
    お気軽にお出かけ下さい。
  • Q4.教会に初めて行ったときは、どのようにすればよいのでしょうか?
    A4.初めてこられた方のために案内係がいますので、わからないことがあれば遠慮な<お尋ね下さい。
  • Q5.教会の中は、どんな様子なのでしょうか?
    A5.「教会」は暗く、かたくて、つまらないというイメージがあるようですが、実際は明るく、温かく、楽しいところです。まずお出かけ下さい。強制されることは何一つありません。まったく自由なところです。
  • Q6.キリスト教の神様って他の神様とどう違うのですか?
    A6.キリスト教の神は「聖書」に記されている神です。その神は、
    @ 天と地を造られた神です。人間が造った神ではなく、人間を造った神です。そして、宇宙とそこにあるあらゆるものの創造者であり、支配者です。
    A 全知全能の神です。人間の造る神々はほとんどが分能の神です。商売繁盛、癌封じの神、交通安全、家内安全、安産など。聖書の神はすペてのことを完全に成し遂げる神です。
    B 唯−の神、神は複数ではなく、唯一の神であると聖書は告げます。複数の神が存在するなら、それは全知全能ではないはずです。
    C 愛なる神、すなわちあなたを愛しておられる神です。
  • Q7.聖書とはどういう本ですか?、簡単に教えて下さい
    A7.「聖書」は世界のペストセラーです。神について、人間について、幸福について書かれています。一般書店でも手に入れることができます。
  • Q8.教会で行われている行事や、内容について教えて下さい
    A8.コンサート、講演会、クリスマス集会、デイナータイムなど多彩なフログラムが年間を通して持たれます。
  • Q9.教会で結婚式を挙げてもらいたいのですが?
    A9.まずは、お気軽に電話でご連絡ください。ご相談にのります。
  • Q10.礼拝ってなんですか?、どんなことをするのですか?
    A10.教会での神様への感謝と祈りを礼拝とよんでいます。
    キリスト教の教会では毎週日曜日(聖日)に礼拝を行います。聖書の天地創造の物語から毎日を7日毎に区切り、神が天地創造の業を終えて休まれた7日目を安息日(あんそくにち)として、人も休む日としました。その後キリスト教徒は、イエスが十字架にかかり死んで、甦った日;日曜日に主の復活の記念日として礼拝を行うようになりました。聖日礼拝の基本は、神様への感謝、賛美、祈りですが、神様の愛を伝える世界のペストセラ−「聖書」からのメッセージを牧師が取り次ぎます。
  • Q11.賛美ってなんですか?、普通の歌とは違うのですか?
    A11.神様をほめたたえる喜びの歌です。
  • Q12.ゴスペルってどんな音楽ですか?
    A12.「ゴスペル」の意味は「福音(グッドニュース)」です。本来は長い間の奴隷生活から解放されたときの喜びを知らせるニュースを意味します。コスペルを歌うと解放感か味わえるのもその特徴です。橋本パフテスト教会では、ゴスペル教室も開いています。
  • Q21.酒をやめなければクリスチャンになれませんか?
    A21.基本的には飲酒をやめることとキリストの救いは関係がありません。救いの根本は、第一に罪と死の恐怖からの救いだからです。第二には救いはただ信仰によってのみ得られるからです。禁酒が救いの条件ではありません。第三に酒をやめることは個人が決めることで教会の合意で決めたりすることではないからです。しかし、アルコールによって、多くの方々が悲惨な人生を歩いているのも事実です。禁酒はよいことであることには間違いありません。信仰を持つと必要を感じなくなる体験をされることでしょう。
  • Q22.お金儲けは罪ですか?
    A22.聖書はお金を儲けることを罪としていません。主のために大いにささげるというのが、クリスチャンの経済倫理です。しかし、お金もうけ自体を目的にしますと、お金は人を腐敗させます。「金銭を愛することがあらゆる悪の根だからです」(1テモテ6:10)、今、持っているもので満足しなさい。わたしは決してあなたを離れず、あなたを捨てない」(ヘブル13:5〜6)質素で信仰に立ちささげる。神と人のために使う、この姿勢が大切です。
  • Q23.天に宝を積むとは?
    A23.イエスは言われました。「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。 自分の宝は、天にたくわえなさい。」蓄えるという性質は人間にも動物にもあります。宝をどこに、どんな意味で蓄えるかで人間の幸、不幸が決まるとイエスは言われました。地上に蓄えると虫が食いさびが着くとは、宝の浪費を表しています。天に蓄えるとは、宝も命も、永遠に価値あるもの、すなわち愛のために用いることです。受けるより与えるほうが幸いである。(使徒20:35)
  • Q24.聖書は戦争について何と言っていますか?
    A24.戦争はなぜ起きるのでしょうか。
     第一に罪に支配された欲望です。「何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いがあるのでしょう。あなたがたのからだの中で戦う欲望が原因ではありませんか。」(ヤコブ4:1)人は自分の利益を得ようと戦います。自由や正義のためにと言う大義名分を掲げます。しかし戦争はたいていの場合、泥沼に陥ります」。ある目的をもって始めても、すぐに目的を見失ってしまうのが戦争の実態です。
     第二に復讐心があります。愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」ローマ12:19 戦争が終わったその日から軍備拡張が始まります。戦争に勝っても戦争は次の戦争を呼び起こします。それは人の復讐心がなくならないからです。
     戦争の原因については色々言われています。領土の争い、経済的な利害関係、宗教上の対立、民族間の憎しみなどがあります。ではどうしたら平和を実現できるのでしょうか。「キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。」エペソ2:14,15 イエスの死は、神と人との間を遮っていた敵意を取り除き、新しい平和を作り出してくださいました。